toggle
きれいな姿勢と歩くための体をつくるヨガ
2021-03-06

ヨガは血行改善におすすめ、そしてアンチエイジング効果も

ヨガで血行を改善しましょう。血液の流れがと滞りなくいけば…外見だけでなく中身もアンチエイジングできますよ。

 

私たちのからだは細胞からできています。その細胞に必要なものを送り届けてくれているのが血液。血液が体中を巡ることを血行といいます。それがうまくいかなかったらどうなると思いますか?

ヨガで細胞から元気に

もし自身の生活に置きかえて考えるなら、食べ物や化粧品や洗剤や衣類など、とにかくすべての必需品が足りない!ってことです。どれだけ大変かわかりますか?緊急事態宣言下で好きな時に好きなものを買いに行けない不便さを味わったばかりなので、想像しやすいのではないでしょうか。

コリがひどい、冷えや肌つやがなくなったり、疲れやすい、免疫力が下がる・・・その位なら平気?ではないですよ。とにかく体の機能すべてが低下します。

血行不良をヨガで改善

ご存じのように血液は心臓から送り出され心臓に戻っていきます。なんと心臓は一日に10万回もドクドクと頑張って血液を送り出してくれています。私たちがお母さんのお腹にいた時から命が尽きるまで、そんなに頑張ってくれている臓器…特に心臓は大切にしないといけないなと思います。ノンストップで100年走り続ける車のエンジンですよ(私は100歳まで元気で生きるのが目標)

血行がよくないと、心臓には負担がかかります。その原因はいろいろあって、そもそも血液がさらさらでなくドロドロだったり、血管が古いホースのようにカチカチで弾力がなかったり、さらには血管がコレステロールなどで詰まって通りが悪くなっていたり、運動不足で心臓のサポートをするはずの筋力が低下していたり。体の働きを調整している自律神経がストレスや不規則な生活で乱れても影響します。

血液サラサラ

 

 

 

そう考えると、健康的な食事・運動・生活は心臓にとっても大切ですね。そしてヨガは血行を改善するのに役立ちますよ

 

緊張と弛緩を繰り返すことで血行改善

ヨガのポーズは圧迫して解放するというポーズを繰り返します。血流が一旦圧迫されて解放されることで堰を切ったように流れがよくなります。その感覚を感じることで、自分のからだを知りより自分のからだを大切にしようと思えるのもヨガならでは、です。

ヨガでリフレッシュ

 

逆転のポーズで物理的に血行改善

心臓より高い位置に足を上げたり、頭の位置を下げたりすることで、血液の流れを良くすることができます。容器に入った液体、上下や向きを変えればその中で液体は動きますよね、そのようなイメージです。血圧が変動するので、そのあたりは気を付けて、呼吸も止めないように行います。

ヨガでは逆転系のポーズは若返り・アンチエイジング効果があると云われています。血行がよくなれば若返るように全身元気になるというのもうなづけますね。

逆転系のポーズで血流改善

運動習慣がない方にも負担なく血行改善

ランニングやウォーキングなどの有酸素運動も血行改善には効果的です。ただ、そもそも運動習慣のない方は寒い季節に家の外に出たり、時間を取ってというのはちょっとハードルが高いのではないでしょうか?ヨガなら家の中で出来ますし、時間も一つのポーズだけやったり少し長めに行ったりと調整がしやすいです。まずは、気に入ったポーズ一つからでも好きなタイミングで行ってみてください。肩こりがある方は腕を上げたり、肩甲骨を動かすポーズが気持ちよいと感じると思います。ポーズをとることで血行改善され楽になるのを感じたら、その効果を全身に感じられるように他のポーズも取り入れましょう。そして体が元気になったら、ぜひ次は外へ!ウォーキング気持ちがいいですよ。

ヨガでリフレッシュ

呼吸を行うことで血行改善

ヨガの種類にもよりますが、比較的ゆったり呼吸を行うます。そうすることで心拍は安定し心臓に負担なく血行改善ができます。特に腹式呼吸では内臓や横隔膜が動くので、直接大きな血管にも刺激が伝わります。

そのほかにも水分補給をこまめに行う、シャワーだけでなく湯舟につかって体を温める、締め付けすぎる服装に注意する、衣類や室温管理で体を冷やさない、食べ物や飲み物で体を冷やさないなども血行を保つために大切ですね。

 

 

やさしいヨガ
横浜のヨガならYokohamaYogaPlus

関連記事